コラーゲン ゼリー誕生の理由!サプリメント、ゼラチン噛むこと 摂取量と効果など

FrontPage

コラーゲンゼリー入り食材とサプリメントについて

  • コラーゲンは私たちの体には「なくてはならないもの」です。
    しかし、いつも食べる食品から摂取しようとすると、素材の下ごしらえや、柔らかくなるまでに調理時間がかかり、毎日の料理からコラーゲン取り入れることは大変なことです。

サプリメントとして飲むコラーゲン があります。もちろん食品の中にもコラーゲンを多く含むものがあります。

sea_food
  • 今、コラーゲン成分を含んだ商品がいろいろなショップから売りだされています。ある製造販売しているショップでは「コラーゲンをおいしく手軽に取り入れたいという、多くのお客さまの声にお応えして、コラーゲン+ゼリー(Collagen Jelly)が作り出されました」とコラーゲンゼリー誕生にはゼリー状にする理由があったようです。
  • コラーゲンは人間の全身の細胞に必要なものです。

コラーゲンの役割

  • そもそもコラーゲンは体全体と臓器その他の形を作り、それらを支え、結合したり境界を作ったりしています。
  • 第二の役割として細胞の足場としての働きがあります。この足場によって、細胞は分裂し増殖することができるのです。
  • これらを考えると、コラーゲン健康美容について考える前に、まずコラーゲンが必要最低限「体を作る」「活動する」為に絶対に必要不可欠なものです。
  • この「活動(生きる)」ための働きが基本にあって、その延長線上にある、コラーゲンの役割が、皆様が美容や健康面で期待されているものといえます。
    このようにコラーゲンは生命活動と老化に深く関係し、その役割が結果として健康や美容において特に注目されているのです。

コラーゲンゼリーなのか?

  • いくらコラーゲンが身体の皮膚や筋肉・内臓・骨・関節などなどに重要な働きをするとしても、摂取しすぎは有注意です。
  • コラーゲンを多く含む食品として豚足、手羽先、牛すじなどが代表的ですが、高カロリーなため摂りすぎるとカロリーオーバーで太ってしまいます。摂取量ご注意を!

ゼリー+噛むこと を考える。

  • ゼリー状にして、「噛むことの重要性」考えたものです
    食べ物は噛んで唾液を混ぜて消化させることで胃への負担を軽くしています。
  • 本来、コラーゲン サプリメントもそうしたことが必要で、「噛むことの重要性」を考え「コラーゲンを噛んで食べる」という考えからコラーゲンゼリーが、今多様な商品として売り出されているようです。
  • ゼラチン状のものこんにゃくもその一つです。こんにゃくはカラダの腸壁をキレイに掃除してくれる言われています。こんにゃくに含まれる「グルコマンナン」は水分と一緒になると膨らんで量が増えます。つまり、満腹感が得られるのです。
  • しかも体内での消化が遅いので、そのまま腸に運ばれ、腸壁を刺激して便秘の改善薬でもあります。腸内をすっきりさせます。

コラーゲンと体

  • コラーゲンは、の一種で、身体の皮膚や筋肉・内臓・骨・関節・目・髪等あらゆる全身の組織に含まれています。主にそれらの細胞をつなぎとめる働きをしています。
  • たんぱく質は、多くの食品にも含まれる栄養素として、ご存知のように、誰もが知っているものです。実態はアミノ酸が多数結合してできたものです。そのアミノ酸には基本的に必須アミノ酸、非必須アミノ酸など多種が存在して、その種類や数、結合の順序によって膨大な種類のたんぱく質が生成されています。
beautiful-woman

コラーゲン体内の割合

  • コラーゲン量の40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に存在しており、その他血管や内臓など全身に広く分布しています。
  • コラーゲンを生産する主な細胞は、皮膚に存在する繊維芽細胞、軟骨に存在する軟骨細胞、骨を形成する骨芽細胞などです。
  • コラーゲンは細胞から分泌された後には、細胞の間を埋めて他の糖 タンパク質とともに細胞間マトリクスを形成します

コラーゲンの必要性

  • コラーゲンたんぱく質の代表です。
  • 約10万種ある生体内のたんぱく質のうちの、実に約30%はコラーゲンが占めています。それだけわれわれ人間の身体にとって、大きな、重要な存在であることがわかります。

コラーゲンは補充が必要?不足すると?

  • コラーゲンは体の中でも作られるたんぱく質です。
    大体20歳をピークに体内で作られるコラーゲン量減少してしまうと言われています。不足してくると体内にあるコラーゲンそのものの弾力も失われてしまいます。
  • その結果ば皮膚にはしわが増える、しみたるみが出て、コラーゲンの減少がはっきりと体には目に見えてきます。
  • したがって、ふだんからできる限り、身体に取り入れていきたいものです。

コラーゲンと皮膚

  • コラーゲンは皮膚に最も多く存在しています。
    紫外線、電離放射線、オゾンなどによって発生する活性酸素により質、量ともに変化します。
  • また加齢により繊維芽細胞による合成が低下してしまうため、分解される量が合成される量を上回ります。
  • その結果として、しわしみが発生していわゆる皮膚の老化が起ります。美肌を保つにはコラーゲンの減少に注意が必要です。

スポンサードリンク

~コラーゲン 健康食品の通販ショップ広告~

5千円以上送料無料【代引無料】【代引無料】ロッテ コラーゲン...

powered by Quick Homepage Maker 4.23
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional